グッピー 種類

グッピー 種類

グッピーは、初心者におすすめの熱帯魚です。
ペットショップに行くと、「国産」と「外国産」という種類に分けて販売されています。
どちらも同じグッピーですが、種類が違うので、特徴はかなり違います。

国産グッピー

国産グッピーは、日本で養殖され販売されるグッピーです。
外国産に比べると、値段はかなり高く、ペアで1000円以上で、高いものになると数万円の個体もあります。

体の色合い、ヒレの形や大きさなど、外見の美しさは格別です。

外国産グッピー

外国産グッピーは、主に東南アジアで養殖され、日本に輸入されて販売されるグッピーです。
国産に比べると、値段はかなり安く、1匹100円程度です。

ヒレは小さめで、色とりどりのにぎやかな体色が特徴です。

それぞれの個体は、輸入のための長い移動時間のストレスをため込んでいる可能性があります。
また、国産グッピーにはないような病気に感染している可能性があります。
しかも、東南アジアの水と日本の水では、その水質が違うので、慣れるのに時間がかかります。

ただし、グッピーはとても丈夫な熱帯魚ですから、管理をきちんとすれば飼育に問題はありません。

おすすめの種類は

早くにぎやかな水槽にしたい

早くにぎやかな水槽にしたい方は、外国産のグッピーがおすすめです。
5ペア10匹(1000円ぐらい)を購入して、きちんと世話をしてあげると、
すぐににぎやかな水槽になります。

(熱帯魚)仔沢山ミックスグッピー(外国産)<オス2匹+メス5匹>[生体]

じっくりと育てたい

国産グッピーは、値段は高いのですが、日本の水で育てられていますから、飼育しやすく、病気を持っている可能性はゼロに近いです。

育てやすさ、見た目の奇麗さから言えば、国産グッピーがおすすめです。

血統がはっきりしているので、同じ種類のグッピーをずっと長く飼育できます。


(熱帯魚)RREA・ブルーグラスグッピー(国産グッピー)(1ペア) 北海道航空便要保温

※外国産のグッピーとの混泳はしないでくださいね。
 病気になったり、外見の違う仔が生まれてしまいます。

まとめ

結局、初心者におすすめはどちらなのか。

おすすめは、国産のグッピーです。
グッピーは、繁殖力の強い熱帯魚ですから、数か月飼育すれば、仔を産み、にぎやかになります。

外見がきれいで、ヒレが大きくて長い国産グッピーをじっくり飼育することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました