水温事故で全滅

グッピー飼い方

冬場の温度管理は、ヒーターに任せています。
今までうまくいっていましたが、
今年初めて事故が起こりました。

産まれた仔が全滅

2週間ほど前に生まれた、15匹ぐらいの仔が全滅しました。

寒い時期に全滅するのは、多くの場合、
ヒーターの故障で水温が下がることです。

ある程度までは耐えますが、10度を下回ると、もうダメです。

我が家の場合

我が家の場合は、ヒーターは故障せず、きちんと保温していました。

親たちは元気に泳いでいます。

事故の原因は、仔たちを隔離していた水槽の水温が上がり過ぎたことです。

子たちの水槽は、親の水槽に浮かべて水温を保っていました。
これが事故のそもそもの原因です。

どういうことかと言いますと、
子たちの水槽が水流に流されて動いて、
ヒーターの真上に来てしまいました。

夜中、水温が下がると、ヒーターは全力で水を温めます。

温まった水は、拡販されずに、そのまま上昇。
真上に合った、仔たちの小さな水槽を温め続けました。

そのため、小さな水槽の温度は、35度をこえてしまったようです。

親なら、耐える温度ですが、小さなグッピーには耐えられなかったようで、
全滅しました。

教訓

ヒーターの故障でないのに、水温が上がりすぎて全滅。
あり得ない事故ですが起こりました。

今後こんな事故を防ぐために、ふたつの対策をしました。

1.ポンプをつけて、水槽の水を循環させるようにしました。

2.子たちの小さな水槽を、ヒーターから離れた場所に固定しました。

これで、同じような事故は起きないはずです。

今は、新たな子たちの誕生を待つばかりです。

タイトルとURLをコピーしました