グッピー用水槽

グッピー 水槽

グッピーを飼う時に気をつけたいのが水槽です。
はじめは数が少なかったグッピーも、次第に増えてきます。
そのうちに、水槽の数も増やしたくなってきます。

水槽の大きさ

グッピーは生き物ですから、その生き方にあった水槽を用意してあげるのがベストです。

熱帯の大きな川に住んでいますから、できるだけ大きな水槽がグッピー向きです。
水槽が大きいと、部屋の温度が変わっても、水槽の水温が影響を受けにくくなります。

とはいうものの、家の広さや予算の都合で、大きな水槽を準備するのは、むずかしいです。
私は今、60cmの水槽ふたつでグッピーを飼っています。

上が鑑賞用、下が繁殖用です。

本当は180cmくらいの大型水槽がほしいのですが、設置場所と予算の関係で、こうなっています。
下の水槽は、ろ過装置は手作りです。
また、仔を産ませるための小さなケースも手づくりしました。
手作り品の詳細は「水の浄化」の項でお伝えしますね。

温度管理

暑さ対策

近年の暑さは、熱帯魚たちにとっては生死にかかわります。
私の水槽でも、暑さで水温た高くなりすぎて、何匹かが死にました。

でも、昼間の家にだれもいないときに、グッピーのためにエアコンが使えるかというと、それは無理です。電気代がかかりすぎます。何しろ、リビングではなく、玄関に置いていますから。

では、どうしているかというと、濡らしたタオルを水槽にかけて、扇風機の風をタオルと水槽にあてています。気化熱を利用しています。
もう一つは、観賞用の電気を切っています。ずっとつけていると、かなり高温になってしまいますから。

部屋の温度が36度を超えても、水温は32~33度で、グッピーは何とか耐えています。

ちなみに、グッピーが快適に過ごせる温度は、26度くらいです。
これくらいの温度の時に、よく仔を産みます。

寒さ対策

暑さ対策に比べると、寒さ対策は簡単です。水槽にヒーターを設置するだけです。

最近のヒーターはよくできていて、自動的に26度に保ってくれます。

以前、ひとつのヒーターでふたつの水槽を保温していました。
ちょっとした工夫で可能ですが、水温低下や水漏れの事故でグッピーが全滅することもありますから、
あまりお勧めできません。

これも詳細は「水の浄化」の項でお伝えします。

水の浄化

水換え

水換えは、土曜日か日曜日に、月2回しています。
水道水をそのまま使って、1/3程度の水を変えます。

塩素を取り除く薬を使う方もいらっしゃいますが、私は使いません。塩素が病気の菌を殺してくれそう、と思ているからです。根拠はありませんが、グッピーたちは元気です。

ろ過装置

観賞用の水槽には、水槽にセットでついてきた60cm幅のろ過装置を使っています。

10年以上使っていますが、モーターは元気に回っています。実は、分解して、モーターの回る部分に潤滑スプレーをシューッと吹き付けています。日ごろのお手入れが、長持ちの秘訣です。
年に2回ぐらい、モーター類のメンテナンスをしています。

ろ過装置についているろ過材は、月に一度水洗いをして、泥のようになった汚れを洗い流しています。
ぜんざいは禁物です。水洗いのみです。

ろ過装置には、活性炭と牡蠣殻を入れています。
悪い物質の吸着ができたらいいな、
水が酸性にならないように、と思って入れています。

手作り

ろ過装置

材料は、空気のポンプとホース、2リットルのペットボトルとろ過材、水道の塩ビ管、はりがねです。
1)塩ビ管を水槽の高さより5センチぐらい短く切ります。
2)その先に、塩ビ管の接手をつけます。つける接手は、90度曲げるタイプのものです。

3)下から空気ポンプにつないだボースを差し込みます。
4)ペットボトルの底の部分を切り取ります。
5)ふたを外し、ふたの部分を下にして、ろ過材のワタを詰めます。

塩ビパイプ、ホース、ペットボトルを針金で固定すれば完成!

ふたつの水槽を一つのヒーターで保温する

★自己責任でお願いします。水浸しのおそれ、低温でグッピー全滅の恐れあり。

材料は、空気のポンプとホース、水道の塩ビ管、はりがねです。
1)塩ビ管を5本と、90度に曲げる接手3つ用意して、つなぎます。
2)塩ビ管の長さは、25cm3本と15cm1本と10cm1本です。

3)Aの塩ビ管に、空気ポンプにつなげたエアホースをセットします。
4)二つの水槽を並べておき、Aのセットには、水を満たした状態で水槽にセットします。
サイフォンの原理で、水が多い水槽から水が少ない水槽へ水が流れるようにします。
5)Bのセットは、15cmの塩ビ管の先のほうへ、少し傾くようにするとベストです。

6)それぞれを針金で固定します。

産卵用のケース

材料は、透明なプラスチックの飼育ケース、目の粗い洗濯ネット、はりがねです。
1)飼育ケースのふたを外し、そこの部分をのこぎりなどで切り落とし、筒状にします。
2)穴の開いた底の部分を、洗濯ネットでふさぎます。
3)洗濯ネットでふさいだほうを下にして、針金で水槽に留めます。

4)子を産みそうな親を入れると、親が子を食べてしまう危険がなくなります。

お金をかけずに、手作りグッズで飼育することはできます。
手作りを楽しむためならいいのですが、
グッピーのことを考えるときちんとしたグッズを買うほうがいい場合があります。
ご自分で判断してくださいネ。

グッピーのいる暮らしを楽しみましょう!

まとめ

グッピーを楽しむためにはいろんな方法があります。
このページでは、私の楽しみ方を紹介しました。

これらのことを参考にしていただいて、グッピーライフをお楽しみいただけたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました